sosu について


by sosublog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

六ヶ所村と木下デヴィットさん

19日に銀座へ六ヶ所村ラプソディーのvol4を見せて頂き、そこからトークショーに参加させて頂きました。
木下さんが活動されている、六ヶ所村核処理施設本稼働反対運動は、2万人の署名から現在では100万人までにふくれあがっているそうです。

この活動は原子力発電所から出される、核のゴミを今まではフランスで預かってもらっていたのですが、(前回のブログにも触れさせて頂きました。)そのゴミが今日本に帰って来ており
日本の領土の中で自分の所で出したゴミは自分で処理をしなさい。という事になり六ヶ所村がその場所に選ばれ、核のゴミを処理する施設が作られた訳です。
このゴミは核のゴミの中でも最も圧縮された放射能物質を含んでおり、現在日本の政府は
高処理をしたガラスにこれを閉じ込め、地底奥深く埋めてしまおうとしております。
政府側は300年までは放射線物質は漏れないであろうという見解から、この処理に踏み切っている訳ですが、そんな簡単に行かないのが現状です。

まず、地底に埋めている国は世界中どこに探しても無い事。
また埋める段階として、空中にそして海中に放射線物質が必ず漏れ出すという可能性があるのです。現段階では試運転という形を取っているのですが、この沿岸部では放射線を含む
物質が検査の結果出て来ています。

まず、木下さんたちサーファーが立ち上がったのは言うまでもありません。
何故ならば、放射線物質は海でも特に波の泡の中にもっとも含まれてしまう恐れがあり、
この波と一番近い存在がサーファー達なのです。
木下さんを筆頭にサーファー達やまた六ヶ所村処理施設反対派が100万人にふくれあがり、
現在では本稼働を見合わせている所まで来ています。

何故、こんな危険な事を国は許しているんだろうか?
まず日本には50数カ所の原子力発電所が稼働しております。
何故、被爆国なのに原子力発電所がここまであるんだ??

デビットさんとお話させて頂き、太陽光発電と風力、火力、水力等の自然エネルギーだけで
日本の電力は賄えるそうです。
今後はシフトしていく方向に持っていく事が大前提です。

じゃあ何故青森の人達は反対しないんだ??
これにはこの建設に携わり、そこの施設に働く人達が6000人現在でいるそうです。
この6000人を一挙に雇える方法はないのでしょうか?
私はこのトークが終わった後、色々考えました。
もちろん反対ですが、この雇用問題を解決してあげないと青森の人達の今後の暮らしは一体どうなるのでしょうか?
酪農、農業、漁業が今一番被害が受けている中、彼らに対して何かの支援をしてあげないと暮らせないのが現状です。
もっとオーガニック農場を作ってあげるとか、何とかならないのでしょうか?

賛成派は彼らの将来を考えて動いています。
それは近い未来の事です、雇用問題や、今後建設後に六ヶ所村の周りには色んな施設が出来る可能性があり、また青森を使ってエコランドを開設する動きもあるそうです。(これも前に書きましたが)

私は反対とも賛成とも言いがたいです。
なぜならば、日本が原子力発電を根本的に辞めない限りは、核のゴミが出続けるからです。
都会に住む私達はいつのまにか、便利が当たり前になっていますが、今後資源がなくなって行く中でいかに節約して生きていくのかは、皆人頼りだと思います。
ただ、多くの人が今気づいて自分達1人1人に責任がある事。
そして人間は極限まで来て初めて気づくんだと思うんです。

多くの人が国に対して、真っ向から向き合っています。
政治が行政がと、今まで無関心だった所からのスタートです。
終着点は同じでも、きっとこの運動はあらゆる人の気持ちを動かすんだろうと思っています。
今日渋谷でまたトークショーが行われます。
弊社デザイナー三原も聞きに行きます。(2日前のブログを参照してください。)
是非、聞いてみてそして自分の心で判断して下さい。
私達は日本に住んでおり、私達日本人が一人一人が何かを変える力を持っていると思います。
昨日のテレビでフェアートレードのサフィアさんが出ていましたね。また2人の若い起業家も出ておりました。
このブログを通じてあらゆる人と出会えた事にそしてこれから先も弊社ながらに何かの助力になるようがんばるで!!
by sosublog | 2008-07-22 13:46 | 人と環境

以前の記事

2017年 07月
2016年 07月
2016年 04月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

その他のジャンル

ブログジャンル

ファッション
セレクトショップ

画像一覧