sosu について


by sosublog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:人と環境( 61 )

アダプテーション

先日、海外から日本の子供を養子に迎えたいという人達の仲介をやっている友人と話した
話です。
現在東京都では養子縁組み制度を1年に20〜30人の子供達だけが養子に行けるそうです。
ただ、養子をもらいたい親達は本当にいっぱいいるようです。

現況では、少子化が進んでいるのにも関わらず、子供を育てきれない親が多く里子に出す
事もとても多いそうです。
里子はある程度他の家庭で育ち、それから里子に出した親達が、自分で経済的になんとか出来るようになったらその家庭から引き取らせてもらうというシステムです。

虐待していた親は、自分の子供を手放すのを非常に嫌がり、施設に預けない事が多いそうです。
もしくは里子に出して引き取りに来たりもするそうです。

早くから乳児の時に施設に預けられたり、どこかに置いていかれたりする子供達は
集団生活を余儀なくされ、一般的な生活を知らずに育つ子が多いそうです。
これは一例ですが、林檎を見て林檎と分からなかったり(一般的にカットされている林檎が
林檎だと思っていたり)、夕日を見て『空が燃えてるよ』と見た事がなかったりと、あらゆる事があるそうです。
東京都はこの状態をなんとかすべく、6人で一つの施設を作る事にしているそうです。
少人数でもう少し集団生活よりも、1人1人を見る制度を取り入れているそうです。
東京都も本当によく考えているんだなあと思いました。
でも一般的に養子に行けたりする子供達は非常に少ないと話ておりました。

弊社のママさん Aは、中々預かってくれる保育所が無い!!と叫んでおります。
江東区や生活密度が高い区には保育所が本当に争奪戦のようになっているとの事。
反対に世田谷区や渋谷区は比較的に、保育所が空いている事が多いそうです。
子供を育てながら働く事は、大変ですね。 一時預かりの保育所になると一日8000円もかかりますし、働いているのか?預ける為に働くのか 分からなくなると話しています。

子供達の未来の為に、少しでも虐待もなく、子供達が伸び伸び出来る環境を本当に作らないといけない。
毎日が知らない事が多すぎると感じる日々です。
by sosublog | 2008-04-07 13:53 | 人と環境

昆布サミット

昨日、南青山にあるこちらも予約制の精進料理屋さん『ささめ』に行って来ました。
こちらは8名からの予約しか受付ないのですが、木.金のみ1名からでも予約を受けてくれる
非常に美味しい精進料理のお店です。

料理は最高です。
昨日は精進鍋を食べました。かんぴょうの鍋なんて初めて食べたんですが、なんちゅう美味しさ...
あと絹さやですが、あんなぷりぷりした絹さやを私は見た事がありません!!
是非皆さん行って見て下さい。 完全予約制です!

そこで食の話を料理長とお話させて頂きました。
精進料理は究極の日本のマクロビオテックの原点ですので、もちろん動物性の物からダシを
一切取りません。
昆布ダシやしいたけで取るそうです。
その昆布が今日本国内でも取れなくなって来ているそうです。
もちろん温暖化の影響もありますが、海洋の汚染もあります。
これは政府も乗り出して、昆布サミットを開いているそうです。
『え??昆布サミット??』と思いますが、昆布は日本料理の原点ですし、我が国は昆布ナシには
成り立たない料理も多いんです。
そこであらゆる昆布業者の方とサミットを開いているそうです。
昔なら2番だし、3番だしと同じ昆布で何度もダシが出たそうですが、現在の昆布では
そこまでダシが出ないというのが本音だそうです。

そこでやはりあらゆる地方の名産と呼ばれている野菜だって、この温暖化でどんどん採れなくなってきているし、季節だって変わっているので、季節料理がその月に出来なくなるだろうと言っておりました。
食から環境について真剣に考える事になっているそうで、日本がだんだん温暖化が進めば
熱帯になってしまって、伝統の日本料理を食べる事が出来なくなるし、暖かくなればなるほど
人は香辛料を使うようになり、食がどんどん変わっていくと言われているんだそうです。

確かに、ココ最近 韓国料理やタイ料理 香辛料を使う料理は非常に人気がありますよね。
人はそれを知らず知らずに肌で感じているのかもしれません。

世界中の食が変わり始めている。
それは環境と共に変わらないといけない所にいると思います。
是非食から季節を感じる事が出来る時代に、いっぱい食べて感じて下さい。

そして、悪い事ばかりではないですし、これからの私達の行動で食い止める事が出来ると信じて、がんばるのみです。
by sosublog | 2008-04-04 18:51 | 人と環境

仮想現実

昨日前から会いたいと思っていた人に会いました。
『この世は自分のホログラフでしかない、今を意識するだけで現実が変わるから意識をそこに向けて生きる事が大切』と話をしていました。
昨日は彼とそれを取り囲むすべての共有意識の中でめちゃくちゃ飲んでしまいました。笑

この話をされる前から、映画の『マトリックス』は自分達の現実に一番近い映画だなと
思っています。
集団意識の中で、自我が目覚めて現実か非現実の中で生きる姿はまるで禅問答だし
哲学的な部分が多い。
しかもマトリックス1は、台詞の一つずつに禅問答を感じます。
今一度、そういう目線で見て楽しんで下さい。

『自分の人生は生まれてくる前から決めて生きている』
全部が自分の意識で決めれたら面白いだろうけど、つまらないかもしれない。
だって何でも出来たら、人生だって面白くないと思うから面白くないんだろうか?
本当にこの世の生まれてくる時に、全部が決められて生きるんだったらこれ程つまらない
事はないんじゃないか??

じゃ、病気で死ぬ人生を選んだのも自分だったら、どうやって生きて行く事も決めれるんじゃないか?

ま、シンプルに生きろという話だった。
須藤元気さん、本当に言っている事がシンプルでわかりやすかった。
彼はこの世の何かを変えるかもしれない、そういう私の仮想現実はそういう物語を作って面白く自分の人生に組み込んでいると思う。
自分が考えた事が、全部自分の現実を作り出す。
だったら、皆でこの世が素晴らしい世界である事を想像して、現実を作りだしましょう。

彼と共に共有意識の中で話をしてもらえる仮想現実を作った自分に感謝。

レディオヘッドのトムヨークと一緒に飲んでいる仮想現実を今から創ります。笑
皆の仮想現実を今度ゆっくり聞かせて下さい。
by sosublog | 2008-02-09 10:48 | 人と環境

身体と心3

六ヶ所村の件、その他もろもろ本当に教えて頂きありがとうございます。
日本は原子力だけでなく、風力、火力(これも問題になっていますが)水力にもっと力を入れないと国土面積が狭い分本当に危ないと思います。

何だか、大規模なテロが行われているような気がします。

隣の中国からは、黄砂が降り注ぎ 富山のうちの得意先が『海岸に色んな物が流れつくんよ、
例えば注射器とか、死体も本当に色々上がってるし..』と話をしていました。

原子力だけでなく、電磁波にしても携帯を持って話している聞き耳側の脳の周りに
腫瘍が出来やすい等。
前回も触れました前立腺がんの事もそうですが....

狂牛病だってそうです。
脳を犯すこの病気は、100%の事は立証されていませんが、若年性アルツハイマーという病気になって、人間を犯している事を聞きました。
この病気で亡くなっている方の人数は半端ではないそうです。

弊社で働いております、何度も登場してくるドイツ人は若干24歳ですが、日本に来て一番驚いたのは、周りがものすごい無知である事。
社会に対して興味を持っていない日本人が多い事にびっくりしておりました。

外国に幾度に皆国の社会保障や、政治、環境、宗教、色んな事を話合います。
うちのドイツ人のモデル達も、よく色んな事を聞いてきます。

テレビやニュースで毎日あれだけの量のいらない事。『隣の家で殺人が...』を垂れ流しにしながら、大事な事はドキュメンタリーにも出来ないし、色んなスポンサーが絡んで発表出来なかったり、視聴率主義になってバラエティーばかりになったり。
変えようと思って立ち上がる人も、上から釘を打ってしまうし。

だからこそ、うちのブランドが好きでこのブログを読んでくれている方、たまたま通りかかって
読まれた方、色んな形で知ってもらいたいと思います。
これからも、色んな情報を頂きたいと思います。
本当にありがとうございます。
選択するもしないも自分次第です。
私はもう肉は食べていませんが、タンパク質が足らないという事を健康診断で言われた事がありません。
そして肌も調子もすこぶる良いです。
頭も冴えています。
それが現実です。
by sosublog | 2008-02-01 10:00 | 人と環境

身体と心2

身体と心のブログを書きましたら、下記のブログを是非読んで見て下さいとコメントが
入っておりましたので、読みました。
読みましたというよりも、真剣に入り込みました。
http://blog.livedoor.jp/leeshounann/archives/50886877.html
是非皆さん読んで見て下さい。
現役医師のブログです。
マジで....という感想以外浮かびません。
このコメントをくれた方、本当にありがとうございます。

六ヶ所村の建設が延期されたとも教えて頂きありがとうございました。
このまま建設が進まない事を祈ります。
ただ、核廃棄物は一体どこを漂流するんだろうか?またどこに処理されるのか?と考えます。

大地宅配でチラシが入っており、『サーファー達よ、海が危ない!!』と見出しが...
六ヶ所村からの放射線を含む海水が東京近郊の海に流れるという話でした。
三原はサーファーなので、『やっちん(愛称です。)危ないで!サーフィンしたらあかんで
被爆するで』と話した所、びっくりしていてすぐに色々調べておりました。
本当に身近な事です。
知るか知らないか?で人生が大きく変わってしまうと本当に思います。

以前、バリ島に住んでいるうちの友人がボロボロになった本を私に渡しました。
『これを是非読んでほしい』
タイトルは『宇宙大研究』 笑わないで下さい。マジです。
始まりは、あるアメリカ人がある日突然気づいたら宇宙船にいた処から始ります。
宇宙人がそのアメリカ人に色んな平行世界を見せるのですが、その中の言葉が今でも忘れません。
『今いる地球の人々は天変地異が始って死ぬと思っているけれども、それ以前に人類の天変地異は病気という形で始っている。何故それに気づかないか?と我々は不思議に思っているのです。』と。
そしてさまざまな平行世界を見せてくれます。
環境汚染から、人々があらゆる事に気づき、自然と共に共存して病気を減らし幸せに暮らしている世界。
核戦争を起こして、巨大なゴキブリが残った人間のような人々を襲う世界。
宇宙開発が進んで、火星に移り住んでいる世界。
最後にはこの著者に『これら全部をあなた達が選択出来るのです、今を大切に生きて下さい』と宇宙人に言われます。その宇宙人もまた未来から来た私達の子孫である事を知らされます。
しかもこの本は、著者が最後に明かしておりますが、実話以外何ものでもないそうです。

でも、本当にこのボロボロの宇宙大研究が教えてくれた世界の事は、2012年からさまざまな
レベルに人類が分かれると言われている事と同じではないか....と。
本当に大事な事は、今を大切にして生きる事だと思っています。
私達の身体を大事に生きれば、私達の子孫まで大事にする事。

色んな人がインターネットを通じて、メッセージを伝えています。
1人でも多くの人が気づいて、幸せに生きて欲しい。心から願います。
by sosublog | 2008-01-30 11:50 | 人と環境

身体と心

先日ガンで叔母を亡くしました。乳がん発見から1年半でした。
亡くなる前、『死ぬのが怖い』と泣きながら私に話してました。
ガンで私の周りでも叔母を含めてたくさんの知人が亡くなっています。
何故ガンになるんでしょう?
遺伝?
環境?
ストレス?
さまざまな問題から相乗して、この病気は発生しています。

2012年を境に、この地上は意識レベルが変わるらしいです。
マヤ暦しかり、バシャールしかり、そしてこの前にお話させて頂いたライターさんもお話して頂きました。
『生きてて地獄、生きてて天国 、今いる人達は二手に別れる』

叔母がこの病気にかかり、ありとあらゆる知識を総動員してアドバイスしました。
遠隔という事もあり、まず理解する周りの親戚も少なかったです。
ありとあらゆる事を勧めましたが、周りの人に『先生の言う通りが一番だ』と言われていました。
ガンは誰がなっている? ガンについてどれだけの知識がある?
何故ガンになるのか?どこに原因があるのか?抗がん剤って何?放射線治療ってどういう副作用を起こす?
今の医学は身体のガンという組織を絶対悪として捕らえています。
マクロの世界では、これは一種のサインとして捕らえます。
胃がん、肺がん、さまざまなガンがありますが、これは身体が『ここに悪い所があるよ、まず
大事にして』と語っていると考えます。
抗がん剤治療は、身体のガン細胞以外のあらゆる細胞も壊します。
身体が無菌状態になると言う事です。 この治療の間にもしも下記の物を食べてしまうと
一発で菌が廻って大変な事になります。
刺身、豚肉、牡蠣菌が多い食べ物です。 この前ベストセラーになった本で、おかんが温泉に友達?家族と行った時に刺身を食べて病院に運ばれた所があります、私たちは知識があるならば、これを避ける事が出来ますが、知識が無ければこれを避ける事は出来ません。

病院でも食養科がある所と、無い所があります。

毎日の食事の中に、抗がん剤治療をしながら普通にダメな食事を出している病院もあります。
うちの叔母は、脳に腫瘍があったので、放射線治療をしてしまいました。
抗がん剤漬けで弱った身体に放射線治療を施す事は、非常に危ない事だと警告しましたが、
『どんな事でも治したい』という祈るような気持ちは、医者に完全に頼る事になってしまいました。その結果、放射線治療の後、昏睡状態に陥り死に至りました。一昨日の夜でした。

なってからでも遅くない。 私たちの身体を作っているのは、食事です。 
この食事から細胞が出来るんです。
毎日毎日化学製品漬けになっている私たちの身体は毒を溜め込みます。
これを吐き出すには定期的なデトックスが必要です。
身体の毒が貯まると心にも移動します。不眠、うつ、だるさ、さまざまな事で心を蝕みます。

何の為に生きる?
『生きる為に生きるのか、死ぬ為に生きるのか』 
本当に怒りがわき起こります。
ずっと病室に『びわの葉茶』を持って行ってもらいました。
医師が言いました『抗がん剤をしている間はお茶もダメだ』と、お茶は抗がん剤と相乗して
どのような事を引き起こすんでしょうか?

正月、叔母の為にマクロの食事を作って食べさせました。
次の日『こんな大きなうんこが出たのは久しぶりなんだよ』と言ってました。(すいません)

エネルギーのある食べ物を食べて、エネルギーを得るのは当たり前の事です。
私の知人で、胃がんの人がいました。 2回の手術を行ったばかりでした。
病院から出た後に、普通に生活をしていました。
でもとても辛そうでした、そこで本気でマクロをやる気はないか?と言いました。
もちろん病院でこの治療を取り入れている所もお話しました。
マクロとは出て来ませんが『食養内科』という名前でも出て来ます。
病気と戦うのではなく、病気に教えてもらう。そして身体と話す。
知人は現在、めちゃくちゃ元気です。 

婦人科で入院していた友人もいました。私がお見舞いに行った時既に6ヶ月経っていました、抗がん剤のせいでとても辛そうでした。 
気功の先生を知っていたので、やってみないか?と話をした所、『どんな事でもやってみる』との事だったので、翌週仙台から気功の先生を呼び、やってもらいました。 週2回。
ガンを指す数値は半分まで下がりました。2週間後には退院出来ました。

生きてて天国、 生きる為に健康に毎日を過ごす、エネルギーのある物を食べる。
生きてて地獄、病気になり、なす術も無いと思い、ただ治療を受けるだけ受けて、金を取られるだけ取られて、生きる事。

一人でも多くの人に出来る限り知っている事を伝えて幸せに生きていて欲しいと心から願っています。
全てが選択です。
あなたが選ぶ全てが、あなたに作用します。
悲しみから教えてもらう事がいっぱいあります。 
本当にまずエネルギーのある物を取ってみて下さい。それだけで私たちの身体は完全に変わっていきます。
今日はこんなお話を書いてしまいすいません。
最後に叔母は『あなたと話すと生きる力が湧いてくるのよ』と、生きる為に生きて欲しいです。
by sosublog | 2008-01-23 23:21 | 人と環境

本年もありがとうございました。

本年も本当にMIHARAYASUHIRO 並びにSOSU をごひいき頂き誠にありがとうございました。
来年も精一杯がんばりますので、何卒宜しく御願い致します。

結婚ラッシュでしたね。 
やはりカバラの『9』の年、何かにけじめをつける年なんですね。
しみじみ実感しています。

気になったニュースがありました。 オリジン弁当の期限切れの商品を使った販売です。
それにしても、タマネギにも賞味期限があったなんて、冷凍用なんでしょうか?
赤福にしても思うのですが、生産者ばかり責められているのは本当におかしいと思うんです。
その裏には過剰注文している人がいる訳です。
百貨店等に関してはきっと委託販売だと思いますし、駅の売店なんかも買取販売してるとは
思えません。
注文してる人がいるから、たくさん作る、ほんでもって売れなかったら戻す。
戻した物がもったいないから再加工した。 そんな感じだと思うんです。

今こそ昔ながらの商売のやり方を変えて、責任ある行動をするべきだと思うんですよ。
材料が余るまで、注文してどうするの?? と思います。 

百貨店等の地下食品売り場に行く度に、これらの食材があまったらどうなるんだろうなあ??
と思っていたんです。

売れる数だけ見込みオーダーは一番難しいと思いますが、手に入らないからこそ価値がある
作り手も無理せず、注文する側も責任持って、皆で反省して次に繋げれば良いのではないか?? と今年最後に本当に思いました。

一方ばっかり悪い事を責めても仕方ないです。もっとメディアがグローバルに見てくれる人が
必要です。

あのどこかの地方の鳥インフルエンザを発生して黙ってた養鶏場の夫婦は、ある朝二人首をつって亡くなったというニュースを見ました。
毎日毎日、鶏の世話をしてたまたまインフルエンザにかかった鶏がいて、生活の事もあったでしょうし、言い出せず挙げ句の果てに毎日マスコミに来られて。

 本当に色んな事が矛盾しています。
色んな膿みが出て、来年が素晴らしい1年でありますよう本当に祈っています。
来年も引き続き宜しく御願い致します。
by sosublog | 2007-12-28 16:26 | 人と環境

マクロそれから...

今日は久々なので3本立て続けにアップします。

マクロビオテック生活を初めて早10ヶ月。
日増しに身体はすこぶる健康になっていくのに対して、どれだけ変調が起きたかというと
すごい頭が冴える。
夜はすぐ寝れる
不安な事がなくなる
毎日元気
ただなんとなく人間関係にぎくしゃくして来た気がする...と考えていた矢先に 
丁度オーガニックコスメの取材を受ける事になりまして
ライターの方とお話していた時に、『以前有名なマクロの先生が、一般の人に講義する時とか
コーラがぶ飲みしたりして、エネルギーレベルを落とすらしいですよ』と言っておりました。

そうか...あまりにもやりすぎると本当に人と合わなくなるってそう言えば聞いた気がする。
そして厳格なベジタリアンの人を周りが見た時に、ヒステリックにも写るらしいと聞きまして
ダメだそれでは!!と思い、昨日から微量ではありますがコーヒーを飲み始めています。

やりすぎると良くないし、やらないと疲れるし。
丁度良い所で止めないといけないんだな...と思いました。

『ガイアの復讐』を読み終わって感想
筆者は核に対しては現在の地球環境レベルなら、核燃料は絶対に併用しないと地球に
負担がかかり過ぎると言っています。 これ以上の環境汚染を食い止めないと地球自体が
弱っているのに更に、風力発電の為に沿岸部が開発されたりするのは難しいと話しています。
核に関する認識が、アメリカが日本に殺人の為に落とした事によって、皆の意識が核=死
という風になってしまった、核自体は元々地球に存在していたエネルギーで宇宙のあらゆる
恒星をもこの根源になっているエネルギーが一体どれほどの地球環境に悪いのかという
広告ばかりに踊らされている。
ガンで死ぬのはこの人口の3分の1にもなっている、人が死ぬ事を懸念するのか地球を守るのかどちらかを選択しないといけない日は本当に近づいているんだ!!と警告しています。
太陽が100年の間に25%温度が上昇しているのは研究結果から出ています。
オゾン層が破壊されれば、否応なしに温暖化は進みます。
今守るべきなのは、地球か今生きている人類かどちらかしかないと。

面白い話を読みました。
ヨーロッパの沿岸部で羊を育てたオーガニック牧場をやろうとした人が、羊を連れて来て
羊が好きなクローバーも違う所から輸入して始めたそうです。
最初は本当にクローバーも育ち、羊の頭数もどんどん増え始め、何の病気もなく自然のままでしていたら、羊の数が増えると同時に、羊の病気が始ったそうです。
まずは死産が始まり、生殖器官に異常がある子羊が生まれたりしてどんどん羊が少なくなったそうです。
なんの薬も使ってませんでしたので、どこから感染してるのか調べるうちに例のクローバーにたどりついたんです。
クローバー自体は自然の物ですが、どうやらクローバーにも羊が増えるうちに絶滅危機においやられており、クローバー自体が自ら毒を発して羊の頭数を減らすという働きを自分でしたそうです。クローバーからそのウィルスがみつかったのです。
自然の摂理  
このまま人間もどんどん地球を汚染して行くと、必ず人間に帰ってくると思います。
その前に地球を大事にしてあげる事をしないといけないと思います。
by sosublog | 2007-11-08 12:09 | 人と環境

ドイツから

先日通っているマクロの学校の同級生に教えてもらった映画がすっごいおもしろそうなので
これはブログに書かねば!!と思いお伝えします。
オーストリア映画なのですが、ヨーロッパの映画賞を総なめしています。
11月10日から渋谷のシアターイメージフォーラムにて上映されます。
是非見て下さい。

『いのちの食べ方』 
http://www.espace-sarou.co.jp

学校でも教えてくれない、テレビでも見れない 食料生産のドキュメンタリーです。
私はパンフレットを頂いたのですが、映像はほんとうに綺麗に作っており、全くグロテスクな
事はないです。
ただベルトコンベアーに乗っているおびただしい程のひよこ達や、魚の解体等 、絶対見応えがありそうです。
是非見て下さい!!

そして今砂業者の知人から一冊の本をプレゼントされて読んでいます。
『ガイアの復讐』 読めば読む程面白いです。
地球が何故私たちが生きるために酸素濃度をどのような変化の中一定に保っているか?等
今後のエネルギー資源のあり方や地球との過ごし方等、また読破したらお伝えします。

今日の夜は、ミハラ婦人のライブがドイツのコロンという街で行われます。
ナインドーターズの打ち合わせで現在ドイツにいるのですが、今日はモデル達と一緒に
ライブに出かけます。
楽しみです。
by sosublog | 2007-10-27 17:53 | 人と環境

自然災害

友人がサンディエゴに住んでいるので、現在大火災の状況を教えてくれました。
危ないです。
今までに無い程の山火事で、しかも気候が真夏なみらしいです。
風はものすごい吹いていて、友人を送る車の中マスクしないと息苦しくて車も走れないと
言っています。

自然災害らしいですが、サンディエゴのミリタリーの方も救助に出てるらしいですが、もう追いつかないそうです。
友人の家のそば50軒は燃えていて、今から避難すると言っていました。

本当にだんだん笑い事じゃなくなってきてる気がします。
この前筑紫哲也さんの地球破壊という番組を見たのですが、中国北京の空がいつも曇りだとか、筑紫さんの他のアナウンサーが『中国は怖いですね』と言った所、筑紫さんが『日本も昔そうだったんだから』と答えているのに対して、本当にこの人は誠実だなと思うんです。

今は日本の過去の大環境汚染を棚において、中国を非難していますが高度成長期の時の
日本も本当に代わらない程の、汚染をしてましたし。それがあって今がある訳です。
ただ一番心配なのは、最近のニュースで日本のお母さんの母乳から汚染物質が見つかったそうです。
出来る所からと、周りの人だけでも 何とかこの現状を知って未然に防いでほしいです。
そして皆が元気に幸せに生きて欲しいと心から願います。
by sosublog | 2007-10-23 12:25 | 人と環境

以前の記事

2017年 07月
2016年 07月
2016年 04月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

その他のジャンル

ブログジャンル

ファッション
セレクトショップ

画像一覧