sosu について


by sosublog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

コメント 2

様々なコメント有り難うございます。 
早速ですが今PUMAが環境保護で取り組んでいる活動を教えて頂きました。

1、四年前からPUMAでは"PVC FREE"という活動を行っています。 簡単に説明しますと、PVCとは塩化ビニール(ダイオキシンを発生)を一切使わない事をカンパニーポリシーとして活動しています。
  
2、ソールの糊付け行程で有害なトルエン系、プライマー(鼻にツンと来る様な薬品)を一切使わず、全て水溶性の糊を使う様にしています。

いま現在はリサイクル運動は行なっていない様ですが、今後の課題としては十分検討してる事と思います。

 
 PUMAが行なっているPVC FREEについてのカンパニーポリーシーの文章を掲載します。

『PVC FREE』
 環境保護はプーマが常に取り組んでいる課題のひとつです。消費者の皆様、サプライヤー、従業員、そして次世代の環境に対する責任を果たすため、今後も継続的な改善が必要とされています。
人間は誰しも直接環境に関わっています。環境保護はプーマにとって非常に重要な要素であり、今後も引き続き大きな課題となっていくことでしょう。プーマは、環境に配慮した製品製造工程を踏んでいることを全ての関係する方々の目に見える様にするだけでなく、その基準を常に改善していく事を目標としています。
 当社は、PVC(ポリ塩化ビニール)素材の段階的廃止に積極的に取り組んでおり、実際にすべての製品にPVCが含まれていないことを誇りとしています。製品に関わる環境問題についての作業部会にも積極的に関与し、その基準を常に更新する努力をしています。
 
私たちには、お客様に対する責任を果たす義務があると常に考えています。

以上が現在PUMAが取り組んでおります環境保護活動になります。
# by sosublog | 2007-08-21 11:24 | エコ活動

コメント

色んなコメントをありがとうございます。(色々考えて、書き換えさせてもらいました)
もちろん批判される事もありますし、私たちの事で肯定してくれている意見もあって当たり前だと思っています。
ただ、今一番出来る事をしないといけないと痛切に感じていますし、行動する事が一番だと
思っています。
うちの会社は環境一年生、始まったばかりです。
もちろん私たちの会社よりも、もっと環境問題に取組んでいる会社も非常に多いです。
いずれはそう言った会社もこのブログでたくさん紹介させてもらえれば!と感じています。

MIHARAYASUHIROが好きで、このブログを読んで頂いて色んな事を考えて頂ければ
本当に嬉しい限りです。
ある映画館の営業の方と話をしていました。
そこの映画館で立て続けに観た3本の映画があまりにもショックで、『最近やっていた映画3本は本当に暗くて、観終わった後友人と口論になった』と話た所、『私たちの映画館は、この映画を観た後に、人に考えさせれる映画を提案しているのよ。だから批判されたり口論になったり
する事は本当に本望なのよ。』と話をしていました。

うちのブログもそうなって欲しいと感じています。

PUMA BY MIHARAYASUHIROの期間限定のショップは8月28日〜9月2日まで 青山のスパイラルビルの中2階(246に面しているガラス張りの廊下部分)にて行われます。
27日は徹夜で作業しておりますので、もし通る事がありましたら観て下さい。
PUMAショップにはなるべく立つつもりですので、『ブログを観て』と来て頂ければお話させてもらえます。

最後に、私たちは物を作る側です。
ただし、一足ずつ大事に作っています。エナメルや革絞りは毎日手作業で行われます。
スニーカー一つとってもそうですが、MY-9以降ソールがカップソールになっている事もあり、
スニーカーのかかと部分の減りは解消されていると思います。
革靴に関しては、アッパー部分を大事に履いて頂ければオールソール交換可能ですし、長く履いてもらえます。
靴の手入れ方法もそのうち紹介させて下さい。
今度スニーカーを作る時点でどれくらい有毒な物が出るか工場に聞いてみます。
(そこまでの原液が出る作業があるかどうかは本当に不明ですが??)
では、今から香港に行って来ます。
# by sosublog | 2007-08-20 04:52 | SOSU

エコ活動

暑すぎです。 昨日の夜、窓を開けて寝ようとしたら、表の方が暑かったのでびっくりしました。

うちで働くドイツ人のスタッフが『ちょっと相談がある』と来たので、何かと思ったら『ソスウで使っている電球の数は多すぎる。 ちょっと数を減らしていいか?』との質問にもちろん大賛成だったので、減らしてもらいました。
『日本は一番電気量を使っている国なんだ!!だから少しでも使わない物は減らして、電気代も安くなるし、環境にも優しいし、そうなったらWで良いじゃない!』と言われました。
本当にそらそうです。
ドイツはそういう所が結構皆しっかり教育されているんだなあと感心します。
*余談ですが、今日から日系ブラジル人の研修生も来て、今ソスウでは英語、ドイツ語、フランス語、タイ語、ポルトガル語を話すスタッフがいます。 楽しいです。上記の言葉でお困りがある人は連絡下さい。うちのスタッフで良ければヘルプします。

エアコンの温度も、うちの経理課長からのお達しで、26℃に設定しています。
(たまに25℃にしているんですが...)ドライにすると通常の電気料の倍使うらしく、10分だけ
ドライにしてその後通常に戻す様にともおふれが経理課長から出ています。
出来る所からコツコツ。私も昨日までエアコンをつけて寝た事がなかったのですが、さすがに
昨日はつけました。 
東京中のエアコンを消したら、どれ位温度が下がるんでしょうね。
一度試して欲しいです.....
d0121487_1912447.jpg

# by sosublog | 2007-08-16 19:12 | エコ活動

ポイントカードとエコバッグ

お盆中ですが、皆さんもお休みなのでしょうか?
本社は15日までお休みで、16日から怒濤のオープンからpumaショップと続きます。
さて、この8月の立ち上がりからSOSU MIHARAYASUHIRO 東京 大阪 及びIDEA BY SOSU
にてポイントカードを導入しました。
ポイントを加算される事もさながら、『バックは要りません』というお客様に限り5ポイントを
加算する仕組みにしました。
このポイントは1000ポイント貯まると1000円引きますが、端数をSOSUを通じて
募金ポイントにしたいと思っています。
今、どの団体やどの問題に協力するか?を考えています。
それには自分の足で見て聞いて決めるしか無いだろうと思っています。
また何かあれば教えて下さい。

エコバッグは完成真近ですが、コストが高すぎて困っています。
でもこれをお客さんに売る事は絶対にしたくないし、枚数は半端じゃ無い量を作らないと行けないし、スタッフ共々悩んでいます。
なんとか10月にはお披露目出来るように頑張ります。サンプル画像もまたお披露目させてもらいますね。

この休み中に『ダーウィンの悪夢』というドキュメンタリー映画を見ました。
アフリカのパタゴニア湖で肉食種の魚がある外人にバケツ一杯放流されて以来、
この湖にはこの肉食種『ナイルパーチ』が他の魚を喰らい始め、生態系を崩しほぼ絶滅に追いやっている話ですが、このナイルパーチによって周りの漁師達は生活が出来るようになっていますが、この魚のほとんどは加工されてヨーロッパと日本に輸出されています。
アフリカの中央部の人たちはこの加工された残りの頭と骨部分を食べて生き延びている
というドキュメンタリー映画です。
このナイルパーチの輸出の裏で、兵器が売買されているという話でした。
そしてこのナイルパーチは魚を食べて生きていますが、プランクトン類は一切食べないので
湖はにごったまま、このまま行くと他の魚が生息出来ないようになり、やがてこのナイルパーチも絶滅するという話でした。 
もしこの魚がいなくなったら、この周りの漁師達はどうやって生活をしていくんでしょうか?
同じ地球にいてて、色んな事がありすぎて、一番身近で出来る事から始めるしかない。
と本当に思います。
是非皆さんも見てみて下さい。
# by sosublog | 2007-08-14 11:51 | MIHARAYASUHIRO

香港オープン

来る8月25日に香港店がオープンします。
20日から香港入りし、25日のオープンを見届けて帰国します。
そして帰国早々Puma by MIHARAYASUHIROの期間限定ショップの準備。
これも会社をあげての一大イベント....大変です。

さて最近、『このブログを見て...』と言われる方が多数いらっしゃいまして、本当に嬉しい限りです。
先日はSOPH.のスタッフが来社してくれまして、『ブログを見て...』とエコバックを50枚くれました。本当にありがとう!!使います!!(使ってます)
他ブランドの宣伝になりますが、SOPH.は本当に色んな取り組みが早いと思います。
電磁波防止の洋服を使ったり、備長炭入りにしたり、その他でも数々の物があります。
うちのスタッフも大好きなブランドの一つです。

こうやってブログを通したり、お互い認め合えればもっと世の中は良くなっていくんじゃないか?と思います。
本日我が家に大地宅配から(大地を守る会でやっている有機野菜を配達してもらってます。
結構安くて一箱1400円〜で1週間半位は持っています。)
六ヶ所村の処理場建設反対に対する署名活動が廻って来ました。
もちろん反対なんですが、六ヶ所村に作らないとしたら今後日本はどこに処理施設を作るんだろうか?と真剣に思う訳です。
またアジアの奥地へお金を払うわけなのでしょうか?
そこに住む人達はどうなるんでしょうか?
そして反対するにはやはりそれに代わる代替案を持たないと行けないと思います。
口で言う事は簡単ですが、処理方法をどうするか?をもっと考えるべきなんじゃないか?
青森の六ヶ所村にもっと産業を入れてあげないといけないとか。
原子力を完全撤廃するのが一番の方法だとは思います。
# by sosublog | 2007-08-08 13:23 | MIHARAYASUHIRO

宇宙と地球

皆さん『ザ コンタクト』知ってますか?ジョディーフォスターが主演の宇宙映画です。
何を隠そううちのソスウという会社名はその映画から名付けられました。
あの映画を見て『全ての根源は素数と音から成り立っている』のメッセージから前々から弊社のデザイナーであり社長のミハラヤスヒロが『一つの言葉で全部が繋がるっていう名前をつけたい』というコンセプトの中、発案提案して付けました。

前置きが長くなりましたが、その『コンタクト』の原作に携わった日本人『佐治晴夫』さんの講演を聞きに下北沢へ行って来ました。

講演の内容はさる事ながら(途中本当に申し訳ないくらい睡魔に襲われ寝てしまいました。)
あのボイジャー打ち上げにバッハの曲を搭載したのは佐治先生です。
現在は毎日新聞に毎週コラムを書いています。
あの松任谷由実さんも、佐治先生の教え子でユーミンの曲で大好きな『ボイジャー』という
曲もこの先生から来てたんですね。

このボイジャーの打ち上げで、このプロジェクトに携わったNASAの女性がボイジャー号に
『ねえ坊や、ママへ振り向いてあなたが見ている物を見せて頂戴』と言った時に
ボイジャー号は既に3年の航路(宙路)に出ており、太陽からそのまま地球から64000KM離れた所にいたそうですが、ボイジャー号が振り向いて65枚の写真を地球に送信したそうです。
その時の写真は本当に素晴らしい写真でした。太陽光線の彼方に点と星があったのが
地球の写真でした。
今では本当に貴重な写真だそうです。
このボイジャー号、現在では乙女座に向けて行っているそうで、映像は送られて来なくなりましたが、音が送られて来るそうです。
NASAでは24時間ボイジャー号が送ってくる音をチェックするそうです。
この4月に第二の地球が公式に発表されたそうですね、(私は知らなかったのですが)見つけたそうです。ちゃんと生物も生きているそうですよ。
私たちの地球はこのまま住めなくなって、やがて火星に住む様になる。と毛利さんが朝日新聞主催の環境フォーラムで話をしてた事が印象に残っています。
その時はアルペニストの野口健さんとの対談でしたが、毛利さんが『地球は私たちが生まれた時からこんな環境になるんだと知っていたと思います、だからあなたのやっている事は素晴らしいですが、これから先私たちの未来の子供達は100年後200年後他の天体星に移住して
『あれがおじいちゃんが住んでいた惑星だよ』って言う日が来るんですよ』と話していた事が
脳裏に焼き付いています。
# by sosublog | 2007-08-05 19:03 | 人と環境

フェアートレード2

フェアートレード の事を聞いた時、青森で農家の人が段ボールに6つ入ったキャベツを
農協に100円で売って、粗利が40円しかないという話を聞いた時、その40円の粗利から
支払わないといけない、化学肥料代や耕作機のローンがあって本当にちゃんと商売が出来ないようです。日本でもちゃんとフェアートレードをするべきだ!と思いました。
現在では、本当に一握りですが、無農薬、有機栽培の元に直接レストランやオーガニックスーパーに卸が出来るシステムがあるので、もっと地方に増やしてあげれば良いのにと思います。

六ヶ所村もそんな所の一つで、私達がいくら原子力の危なさや放射能汚染を反対しても
代替案を考えてあげれないんだったら、反対しても難しいと思います。
住民には処理施設が出来る事によって、国から援助がもらえますし、各家庭にも援助がでます。『何を馬鹿な!!自分達の健康を害しても良いのか??』と思う人がいると思いますが、
住民は30年後の未来よりも、今の自分達しか見れないですし、私達ですらもし食べる物がなければ、どんなに汚染された物でも食べてしまう訳ですし、本当に難しい所だと思います。
何でもそうですが、否定するのは簡単ですが、それに勝るアイデアや行動が一番大事だと思います。
新潟の中越地震で、原子力施設の供給はストップしているのですが、代替に火力と風力発電になっているそうです。(なんだ原子力が無くても稼働してるじゃないか!!という話です。)

昔、浅草の靴工場から大手靴メーカーが中国にシフトする時、浅草の小さい工場は閉鎖に
追いやられました。
一つは価格、人件費の問題です。
MIHARAの夢はSOSUの靴工場を浅草に作る事です。
そこはすっごい綺麗でかっこ良くて、色んな年代の職人が入り交じって働く所を作りたいと思っています。

こうやって世の中に名前が出ている分、しっかり地に足をつけて良い行動したいと思います。
まずは実行!! 
やっぱり工場は太陽発電だな、でも国から太陽発電の装置の設置に補助金が前は出ていたんですが、現在では無くなったそうです。
理由 目標台数に到達したから らしい。 むちゃくちゃやなあと思いました。
# by sosublog | 2007-08-04 13:37 | 人と環境

靴のマエストロと...

毎週火曜日はSOSU MIHARAYASUHRIOのショップミーティングです。
今日は浅草の靴メーカー 『 早川製靴』の常務を交えてお話を聞きました。
この常務はMIHARAが学生の頃からの師匠であり、売れない時からずっと支えてくれてきた
恩人であり、師匠であり、先生であり、父である人です。
MIHARAYASUHIROの靴はエコを中心に考えている事を詳しくスタッフに教えてくれていました。

うちの靴は全てヌメ革の本底を使っており、履くとその人の足の形に沈むのでとても履きやすい事と、革を1から自社で染めますので(ナチュラルタンニンを使って)従来の染めよりもぐっと
水の使用量を押さえる事が出来ています。
そして全部の靴に言えるのは、すべて無駄にしないという原理の元に作っていますので、食用になった牛の革を心を込めて一足ずつ作っています。
以前納期が間に合わない靴ひも結びと箱入れを手伝う為、工場に行った際 工場の職人が
『こうやって靴を詰めていると、まるでお嫁に出す気分なんだよ。皆ニコニコしてるだろ?』
と一緒に作業しながら言われた事がありました。
初心忘るべからず。 本当に毎日為になっています。
今日はiDEAのアイドル犬 『エル』も真剣に常務の話を聞いていました。
d0121487_17453054.jpg

# by sosublog | 2007-07-31 17:46 | MIHARAYASUHIRO

青森で

砂を探しに行って来ました。
話すネタが多過ぎて書ききれません。
なので省略しながら...
まずその砂の会社での話。
『どうですか?最近の砂の(生コン用)業界は?』
『いいよ、本当に需要が多くて困ってるんだよね』
『何故ですか?』
『中国が国内需要を増やすために、生コン用の砂の輸出を完全にストップしたんだよ』
ここで驚き...
『じゃずっと国内の砂じゃなくて、中国の砂で建設してたんですね、でも中国からだったら
砂にも色々混じってるんじゃないですか?』
『それが問題で、関空は現在地盤沈下していて、(砂の質が悪く固まっていないため)
メンテナンスに相当なお金を費やしているのよ』との事。
うーん中国産、更に怖くなりました。建設物、耐震偽装とか言ってられない...

それから元酪農業者の方に青森(三沢)を案内してもらっていた時の事。
『何故酪農を辞めたんですか?』
『水より安い牛乳は作れねえ、手間暇かけて、毎日乳搾りして、365日牛の世話して
水より安く流通するんだもん、そんなの出来ねえよ』
『やはり飼料代とか高いんですか?』
『牧草とトウモロコシは自分達で作るんだけど、それだけじゃ栄養が足りねえという事で
色々と買わされるんだよ。農協からさ、それが高いんだよ』
『国の農林水産省なんて、何にもしてくれねえよ』
色々話しを聞いていたんですが、有吉佐和子の複合汚染の本のままの飼育方法で未だに
飼われているようです。(写真下あり)
まだまだ話をしていたんですが、ここではココまでにしておきます。

それから、国のエネルギー研究をしている人と合流して、街を見て回る事になり...
青森の下北には風力発電があり、かなりの電気を供給しているようです。
『あの風力発電は、どの国から来ていますか?』
『主にデンマークとドイツから来ている物です。日本でも三菱重工あたりが作ってますよ』
『風力発電は日本ではどれくらい活躍するものなんですか?』
『日本は島国で、風力発電にするには本当に適した国なんです。周りが皆海でしょ。
もしも日本全国に(海岸部)風力発電を置いたら、日本の電気供給の3分の1は補えます』
『じゃ何故日本はやらないんでしょうね?』
『いやそれが色んな絡みがあって、やらないっていうか(色々作るのに大変らしい)やれないというか大変なんですよ、ま、政治的な絡みもあるからね』
でもこんなに環境問題が劣悪化してるんだから、絶対にやるべきだと思いませんか?
分かってるんだったら... でも日本の地方自治団体がそれぞれ風力発電に切り替えているようですね。

日本は原子力に頼りすぎて、原子力を作る時のゴミを相当なお金を使ってフランスに預かってもらってたようですね。(皆さんは知ってると思いますが、私は全く無知でした。)
それが契約も切れて『お前の所で出したゴミは自分で処理しろ』という事になり、この青森で
その廃棄物を処理しないといけないようになったそうです。
でもこのまま、原子力に頼ってばかりいると、ゴミが相当数に増えてしまい、自国では賄いきれないようになるんではないか?と心配なのと、地底奥深く埋めた場合どれくらいの放射能を
含むんだろうとか色々考えていました。
またお話させてもらいます。
また長くなりましたので、これにて..
それにしても、環境の話をしていた繋がる事が多過ぎます。
最後に これは12歳のセヴァン鈴木という女の子が環境サミットで演説した時の模様です。
絶対見て下さい。
http://jp.youtube.com/watch?v=C2g473JWAEg
d0121487_12222744.jpg
d0121487_12223943.jpg

# by sosublog | 2007-07-30 12:22 | 人と環境

フェアートレード

先日 ピープルツリーというフェアートレードを主旨とした元NPO法人の会社に訪問してきました。 www.peopletree.co.jp
何かソスウでオーガニック素材を使った物が出来ないか?という理由です。
オーガニックコットン という言葉は皆さんよく耳にされると思いますが、このオーガニックコットンは国によっても審査基準が違うので、本当に難しいんです。

例えば、アメリカでオーガニックという基準をつけても、日本の基準からは全く違う物だったりしています。
もちろんピープルツリーでやっているオーガニックコットンは種からオーガニックであり、農薬を使わず、働き手に無理をさせず作っている正真正銘のオーガニックであります。

以前にグリーンピースに行った時に、『どの種を使ったコットンなのか?土は汚染されていないか?運搬方法はどのようになっているか?』等の事を調べ上げないとコラボレーション出来ないとお話された事があります。
何でそんな事を聞くの??と質問した所。
現代では種はまず品種改良されたり、遺伝子組み換えされたりして、天然の種にはほど遠い物になっているらしいです。(虫がつなない品種にしたり、すぐに発芽出来る様に組み替えたり)
その種を植えると、まず土が汚染されるそうです。
そして一度しか芽をださないそうです。なので、毎回種を高額で買って栽培しているのが
現状だと話をしていました。もちろん種を売っている国は皆さんも承知だと思いますが、米国からです。

今『奪われし未来』という本を読んでいるんですが(いつ読む時間があるの?と聞かれるんですが、お風呂につかりながら読んでいるんです。一番集中出来ます。)
米国も、何とか人間がもっと合理化出来る様にと作り出した物ですが、なんせ人体実験が出来ないので、わずかにしか実験しないで出していたそうです。
前に読んだナチスドイツの健康法?(タイトル忘れました)の中で、戦争捕虜を使い多数人体実験をして医療開発していたそうですね(レントゲンがその例です。)

化学の乱用の結果、人間を助けるはずが、自然を破壊する事になってしまった。
原因と結果。そこに悪意があったとは本当に思えないです。
気をつけれる事は気をつけて、自分で出来る範囲で自然な生活を心がけましょう。
今から青森に行ってきます!!
# by sosublog | 2007-07-28 15:31 | MIHARAYASUHIRO

以前の記事

2017年 07月
2016年 07月
2016年 04月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

その他のジャンル

ブログジャンル

ファッション
セレクトショップ

画像一覧